jiroの断酒生活。

こんにちは。 jiroです。 断酒への決意や、断酒生活で体験した日々を語っているブログです。 断酒を検討している方や、断酒を実践している方への励みになればとの想いでブログを更新します。

断酒12日目 酒を飲まなくてもいいんだね。

こんばんは。

 

jiroです。

 

私、以前より起業しようとビジネスプランを練っているのですが、今日は、起業の先輩と、ビジネスプランのブラッシュと、起業するための心得的なお話を「夜」の席で打ち合わせをしてきました。

 

もう一度言います。

 

「夜」の席で打ち合わせをしてきました。

 

これまで私は、夜の席=酒がつきものと考えていまいた。サラリーマン時代はもちろん仕事の話をする場合でも酒を酌み交わしながらの打ち合わせが100%でした。

 

だから、先輩へお酒を飲めないことをお伝えしようと思っていたのですが、向こうから「じゃあ、お茶を飲みながらお話ししましょうか」と言われまして、目が点になっちゃいました。

 

お酒って、飲まなくてもいいんですね。先輩もお酒を飲んでいないので、私のビジネスプランのブラッシュアップにものすごいエネルギーつぎ込んでくれました。私も、先輩のビジネスのブラッシュアップにものすごいエネルギーを使いました。おかげでお互いにwin-winな時間を得ることができたんです。

 

お酒には、緊張感をほぐすメリットは私も認めます。

 

ですが、そこで得られる結果はシラフの時よりも薄く、そしてぼんやりした記憶しか残りません。そんなもの、ビジネスには使えません。

 

人によっては、いいアイディアが浮かぶと言う人がいますが、そんなのウソです。酒が脳を錯覚させているだけです。実際に次の日にアイディアを見てみると、支離滅裂だったりして、使い物にならないものばかりです。

 

嘘だと思う人がいらっしゃったら、試しにシラフの状態で、酒を飲んでいる人と議論してみてください。よくわかります。

 

だから、本当に真剣な話をするときはお酒なんて必要ないんです。むしろ、邪魔なんです。

 

私は今回の経験で、お酒を断っても気を悪くする人はたぶん少ないだろうと認識ました。むしろ、お酒を一生懸命進めてくる人ほど、真剣にやってないんじゃないかと思ったくらいです。

 

日本人ってお酒が弱い人種です。日本がビジネスで世界に勝つためには、お酒のない打ち合わせをしないとダメなんじゃない?とも思った一日でした。

 

====================

断酒日数:12日目

体重  :66.8㎏